Openframeworks+OpenNIの設定をしてみるよ

OpenNI」やるって言ってたのに、手を抜いて「ofxOpenNI」を最初にやってしまったので、

こちらもちゃんとやったぞ!って事でちゃんと書かないとね。

でもね、でもね・・・

OpenNIをOpenframeworksで使う
http://blog.hi-farm.net/2011/12/24/openniをopenframeworksで使う/

を参照すればOK。もうなーんてこたぁーない 😀

ただし自分自身の確認とメモのため記述しておきます。

ちなみにMacで試しているのでご注意を 🙂

前回の記事でダウンロードした「OpenFrameworks」を使用する。
今回使用したバージョンは「of_preRelease_v007_osx」というやつ。

# 注意点として「XCodeは4.1」で実行。
さらに「PROJECT/TARGETS」の「Build Setting > Base SDK」を「10.6」にしておく
4.2だと動かなかったので、もうちょい検証が必要。

今後アップデートで対応って本家サイトに書いてあったのでひとまず放置

# 4.2でもちゃんと動いてた・・・gccがエラってたんだけど大丈夫だった。

使用する「OpenNI」はこちらでインストールしたものを使用する。

大まかな流れは・・・


1. OpenFreamworksへ自分のアプリディレクトリの作成
2. アプリディレクトリへ空のプロジェクトをコピー
3. コピーしたプロジェクトへ「OpenNI」ディレクトリの作成
4. 「3」で作成したディレクトリへ「OpenNIライブラリ」の必要なファイルをコピー
5. Xcodeでパスの設定を行う
6. Xcodeで実際にOpenNIのファイルをincludeしてテスト

となる。

では上から順番に設定していく。

1. OpenFreamworksへ自分のアプリディレクトリの作成

Openframeworksの作法として「/of_preRelease_v007_osx/apps」以下へ、

自分のアプリディレクトリを作成する。というのがあるようなので、今回は「myApps」という

ディレクトリを作成してみた。

of_preRelease_v007_osx
|— addons
|— apps
|   |— addonsExamples
|   |— examples
|   |— myApps // create dir
|— libs
|— reademe.osx

実行コマンドは下記

1
2
$ cd ~/Desktop/of_preRelease_v007_osx/apps
$ mkdir myApps

2. アプリディレクトリへ空のプロジェクトをコピー

「1」で作成した「myApps」の直下へ「/of_preRelease_v007_osx/apps/examples/emptyExample」を

コピーして配置する

of_preRelease_v007_osx
|— addons
|— apps
|   |— addonsExamples
|   |— examples
|   |— myApps
|      |— emptyExample // copy dir
|— libs
|— reademe.osx

実行コマンドは下記

1
2
$ cd ~/Desktop/of_preRelease_v007_osx/apps/myApps
$ cp -r ../examples/emptyExample ./

3. コピーしたプロジェクトへ「OpenNI」ディレクトリの作成

「2」で追加したディレクトリ「emptyExample」の直下へ「OpenNI」という

ディレクトリを作成する

of_preRelease_v007_osx
|— addons
|— apps
|   |— addonsExamples
|   |— examples
|   |— myApps
|      |— emptyExample
|         |— bin
|         |— emptyExample.xcodeproj
|         |— openFrameworks-Info.plist
|         |— OpenNI // create dir
|         |— Project.xcconfig
|         |— src
|— libs
|— reademe.osx

実行コマンドは下記

1
2
$ cd ~/Desktop/of_preRelease_v007_osx/apps/myApps/emptyExample
$ mkdir OpenNI

4. 「3」で作成したディレクトリへ「OpenNIライブラリ」の必要なファイルをコピー

以前、インストールした「OpenNI」のディレクトリ内にある「Include」「Lib」という

ディレクトリがあるのでこちらを「3」で追加したディレクトリ「OpenNI」ヘ丸っとコピーする

of_preRelease_v007_osx
|— addons
|— apps
|   |— addonsExamples
|   |— examples
|   |— myApps
|      |— emptyExample
|          |— bin
|          |— emptyExample.xcodeproj
|          |— openFrameworks-Info.plist
|          |— OpenNI
|              |— Include // copy dir
|              |— Lib // copy dir
|          |— Project.xcconfig
|          |— src
|— libs
|— reademe.osx

実行コマンドは下記

1
2
3
$ cd ~/Desktop/of_preRelease_v007_osx/apps/myApps/emptyExample/OpenNI
$ cp -r /usr/local/src/OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v1.5.2.7/Include ./
$ cp -r /usr/local/src/OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v1.5.2.7/Lib ./

# 注意点として、「OpenNI-Bin-Dev-MacOSX-v1.5.2.7」は自分で落としたディレクトリ名へと

置き換えて実行してください。でないと「ディレクトリが存在しないよ」って怒られる。

5. Xcodeでパスの設定を行う

Xcodeで今回追加したプロジェクトファイルを開く。

次にプロジェクトにヘッダー参照パスとライブラリパスの設定する。

プロジェクト設定の 「Build Settings > Search Paths」の

「Header Search Paths」に以下を設定します。

1
$(SRCROOT)/OpenNI/Include

Library Search Pathsに以下を設定します。

1
$(SRCROOT)/OpenNI/Lib

# $(SRCROOT)は自分のパスを確認しておくこと。

6. Xcodeで実際にOpenNIのファイルをincludeしてテスト

「/of_preRelease_v007_osx/apps/myApps/emptyExample/emptyExample.xcodeproj」を開く。

「src」にある「testApp.h」へ「#include “XnCppWrapper.h”」を追記する。

例:

1
2
3
#pragma once
#include "ofMain.h"
#include "XnCppWrapper.h" // add

上記で問題無くビルド出来たらOpenNIの準備は完了。

# ちなみにビルドすると、「Semantic Issue」というエラーが大量に発生するが、

原因は「includeを多重に行っているから」らしい。ライブラリ依存って事で今回はスルーします。

これで「Openframeworks+OpenNI」の準備が整った。

次は「OpenNI」のサンプルソースを動作させてテストする。

参考サイトURL

OpenNIをOpenframeworksで使う
http://blog.hi-farm.net/2011/12/24/openniをopenframeworksで使う/

ここのサンプルソースを「testApp.h」「testApp.cpp」へ追記してビルド。

これで環境の作成は完了。後は実装とエラーを取らないとな・・・・。

他、参考サイト:

http://d.hatena.ne.jp/hagino_3000/

投稿者:

kishir

趣味: sk8, ピスト、ターンテーブル、レコード 仕事: Python, Objective-C, PHP, JavaScript