Mac(OS X El Capitan)にてbrew updateしたら「fatal: cannot create directory at ‘.github': Permission denied」

「OS X El Capitan」にしたら元々インストールしていた、
homebrewで更新しようとしたらエラーが出たのでメモとして。

$ brew update
warning: unable to unlink CONTRIBUTING.md: Permission denied
warning: unable to unlink SUPPORTERS.md: Permission denied
fatal: cannot create directory at '.github': Permission denied
Error: Failure while executing: git pull -q origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master
$ sudo chown -R $USER:admin /usr/local
$ cd /usr/local/
$ git reset --hard origin/master
HEAD is now at 53c5089 CoreTap#install: fix clone target setting
$ brew update
remote: Counting objects: 456, done.
remote: Compressing objects: 100% (413/413), done.
remote: Total 456 (delta 26), reused 335 (delta 17), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (456/456), 706.29 KiB | 276.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (26/26), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 + 53c5089...d7aa0c0 master     -> origin/master  (forced update)
HEAD is now at d7aa0c0 scm/git: prevent exec bomb with 'env :userpaths'
==> Tapping homebrew/core
Cloning into '/usr/local/Library/Taps/homebrew/homebrew-core'...
remote: Counting objects: 3656, done.
remote: Compressing objects: 100% (3539/3539), done.
remote: Total 3656 (delta 14), reused 1569 (delta 5), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3656/3656), 2.70 MiB | 431.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (14/14), done.
Checking connectivity... done.
Tapped 3531 formulae (3,682 files, 8.5M)
Updated 1 tap (homebrew/dupes).
==> Updated Formulae
homebrew/dupes/ed                      homebrew/dupes/gzip                    homebrew/dupes/nano                    homebrew/dupes/openssh               
homebrew/dupes/file-formula            homebrew/dupes/krb5                    homebrew/dupes/ncurses                 homebrew/dupes/rsync                 
homebrew/dupes/grep                    homebrew/dupes/lapack                  homebrew/dupes/openldap                homebrew/dupes/whois                 
==> Deleted Formulae
homebrew/dupes/gdb

ついでにAnsibleが古かったので更新しておく。

$ brew upgrade ansible
==> Upgrading 1 outdated package, with result:
ansible 2.0.1.0
==> Upgrading ansible
==> Installing dependencies for ansible: libyaml, openssl
==> Installing ansible dependency: libyaml
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/libyaml-0.1.6_1.el_capitan.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring libyaml-0.1.6_1.el_capitan.bottle.tar.gz
🍺  /usr/local/Cellar/libyaml/0.1.6_1: 8 files, 312.8K
==> Installing ansible dependency: openssl
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/openssl-1.0.2g.el_capitan.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.2g.el_capitan.bottle.tar.gz
==> Caveats
A CA file has been bootstrapped using certificates from the system
keychain. To add additional certificates, place .pem files in
  /usr/local/etc/openssl/certs
 
and run
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash
 
This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local.
 
Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries
 
Generally there are no consequences of this for you. If you build your
own software and it requires this formula, you'll need to add to your
build variables:
 
    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/openssl/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/openssl/include
 
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/openssl/1.0.2g: 1,678 files, 12.0M
==> Installing ansible
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/ansible-2.0.1.0.el_capitan.bottle.2.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring ansible-2.0.1.0.el_capitan.bottle.2.tar.gz
==> Caveats
Homebrew writes wrapper scripts that set PYTHONPATH in ansible's
execution environment, which is inherited by Python scripts invoked
by ansible. If this causes problems, you can modify your playbooks
to invoke python with -E, which causes python to ignore PYTHONPATH.
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/ansible/2.0.1.0: 8,167 files, 84.8M

2016年2月22日現在のSHAKE SHACK(シェイクシャック)平日お昼の待ち時間

IMG_5713

イッテキマシタ。

今だに人気のSHAKE SHACK(シェイクシャック)さん :-)

話の流れでお昼に食べようという話になり、一人で平日のお昼まっただなか「12時00分」から行列へ参戦。

自分の中では、行列を見るまでは、
「平日だしもう結構時間経ってるし、そんな並んでないから、一人で買ってきますよ!」
ってノリです。

行列の長さはお店の角にある「いちょうの木」から「明治神宮外苑」へ向かって「6本目」のところ。

12時00分」ここから長い長い戦いの「開始」です。

IMG_5716

上記のような感じでカップルやら女性やら女性やら男性やら女性やら・・・ってほぼ女性ばっかりです。

こっから一人っきりなので、トイレも行けずひたすら我慢してひたすら並びます。

丁度、お店が見えてくると少し安心し、さらにお店の前に来ると一人でやっとここまできた・・・と心の中で叫んでます。

IMG_5715

いちょうの木6本目」から「お店の真ん前」に来た時間は、

12時58分」でした。一時間も経ってる・・・。回転率悪いな・・・。

テイクアウトの人なんかほとんど居なくて、みんなお店で食べてるし・・・。

テイクアウトは別ルートで注文させてくれよー :-(

IMG_5717

まだまだお店の入り口まで遠い中、途中に緑色の自転車がありました。

思わずぱちりと撮っちゃうよね。

IMG_5720

tokyobikeとコラボで作ってるんっすねー。
そうこうしてるとすぐに入り口手前までガシガシ進んでいきます。
さっきの正面から写真を撮ってからお店の階段上まで行くのに「約15分」で、
時間が「13時14分」です。
ここら辺になると早いな。

IMG_5723

遠目からだと20分って書いてあると思ってた看板。
m(メートル)」かよ!
時間わからねぇーよ!って心の中で突っ込むよね。

IMG_5724

その先の入り口に入ってびっくり。
中はそんなに混んでいないというからくり。
単純にオペレーションが悪いのか?レジが3台しかないからこの行列なのか?
どうなんだろう!

この光景を見た時間が「13時27分」でした。
ここから注文開始したのが「13時35分」です。

注文は3台レジがあるので空いたところから呼ばれます。
注文が完了すると、呼び出し用のアイテムとレシートを渡されます。

IMG_5726

注文が完了した時間がレシートに記載されてます。

すげー並んだので、ハンバーガーだけだとちょっと悔しいので、
ボールぺーンやらクッキーなんかもお土産がてらに購入。

やっぱりレシート見ると値段に驚愕するな。

ここから「約10分」ほど待たされます。

商品を受け取ってお店を出ることが出来た時間が「13時45分」ですね。

IMG_5729

気を付けないといけないのが結構注文数が多い場合は、
一人で持って帰るのが大変な仕様の袋です。
それも中がそのまま入れてるだけなので、中でめっちゃ暴れます。

IMG_5730

IMG_5732

これテイクアウト用にちゃんと包装したりした方がいいと思うんだけど・・・。

IMG_5733

IMG_5734

自分が食べたのはベーシックな「ShackBurger(シャックバーガー)」と「CheeseFries」です。
バーガーのお味の方は「うんまい!」よ 😀
バーガーキングのワッパーが好きなら更に好きになるやつですね。
ポテトはあんまり好きじゃ無かった・・・固い・・・味が濃すぎる・・・。

バーガーはもう一回食べてみたいし、他のマッシュルームが入ってるのも食べたいな :-)

でも並ぶのがツライ・・・。

・待ち時間の結果

# 前提として平日のお昼でいちょうの木6本くらいまで並んでる場合

スタート:12時00分
お店入り口:12時58分
お店の中:13時27分
注文開始:13時35分
商品受け取り:13時45分

合計:1時間45分

という結果になりました。

PasmoやSuicaとiPhoneのセットなら「Sinji Pouch Basic 2」が最高

shinjimoru

法人化に伴い、事務所までの定期をPasmoで購入しました。

そうなると、

今まで使っていたdocomoのスマホでのモバイルSuicaは不要に。

ただし、あのポケットからサッと取り出すのに慣れると、

バックパックとかからいちいち定期を出すのもやだし、

定期入れ買っても忘れる自信がありまくりだったので、

いつも持ち歩くiPhoneとセットで持ちたいなーという結論になりました。

まずは、ケースと一体型のを購入したのですが、

自前のiPhoneが5sのため、

ろくなケースが無くしょうがなく購入したケースが大きすぎて、

これは絶対に無理!だと思ってたら、

Sinji Pouch Basic 2」というものを発見。

こいつはiPhoneにポケットを付けるという概念の物で、

背面とかにシールで貼り付ける商品。

ちゃんと「エラー防止シート」付きのものも選べるので、

Pasmoとか使うなら必ず選択した方が良いと思う。

公式だと「Sinji Pouch Basic 3」まで出てるけど、Amazonさんでは

Sinji Pouch Basic 2」しか、

取り扱っていなかったのでそれを購入。

ついでに本体にそのまま貼りたくなかったので、

GRAMAS 薄さ0.39mm Helium133」を購入してそちらを装着して、

背面に「Sinji Pouch Basic 2」を貼り付けました。

IMG_3596

やはり最高でした。

・ケースとポーチが薄く手で持った感触も裸に近い

・ポーチからPasmoがサクッととりだせる

・枚数が1枚じゃなく3枚でも入る

これだけで他のケース一体型と違って、満足出来る商品でした。

横から見てもこの薄さ。

IMG_3597

背面を正面から見てもこんなにシンプル。

IMG_3600

これで定期生活も苦では無くなりました 😀

この商品以外にも他のケースとかが公式にあったので、

後で覗いてみよう。

shinjimoru
http://sinjimoru.com/en/index.html

NEC Aterm WG300HPがMacで頻繁に接続が切れる

aterm station

下の方に「※ 2016.07.21 追記」があります

事務所のwifiルータは「NEC Aterm WG300HP」を使っているんだが、

ここ最近、どうも接続が頻繁に切れてその後、再起動したらやっと繋がるというレベルまでなってしまったので、どうにか対処法が無いか調べてみた。

気がつけば Crystal
[Mac] 無線LANが不安定(遅い、切れる、繋がらない)な時の対応策

http://d.hatena.ne.jp/beatnik/20110605/1307244162

が一番参考になったので、こちらの通り「無線動作モード」を「標準(2.4GHz)」にしようたら、機器のバージョンが違うためか、メニューに無くて困った。

aterm

今回使用している「Aterm WG300HP」の場合は「オートチャネルセレクト機能」というのがそれっぽい。

これを選択するとチャンネルが「7」でデフォルトで指定された。

ついでに「デュアルチャネル機能」をOFFにしておいた。特に必要無いので無駄に切り替えられることが嫌だったし。

変更後はそれなりに速度も速くなっている気がする。

もう少し様子を見てみることにしよう :-)

※ 2016.07.21 追記

また頻繁に切れるため下記を実行してみた

1. Macのネットワーク環境の作り直し

これはそんなに難しくないことなのでやってみる価値ありと思い、
下記を参考にやってみた。

http://blog.daisukeyamashita.com/post/1714.html

2. ルーターのチャンネル切り替えなど

なぜか、前に設定した「デュアル機能」が有効になっていたので、
まずはOFFにした。

あとは、チャンネルは初期値で「7」になり、他のwifiと干渉しやすいらしいため、
海外だと「1/6/11」のいずれかでやるのがおすすめらしいという事を知り、
「6」に変更した。

これでpingを打ってもタイムアウトが連続で出なくなったし、
快適に行けそう。

ちなみに「1」をやらずに「2」だけだと頻繁に切れていたので、
やはり上記2つともやっておいたほうが良さそう :-)

この度フリーランスを経て法人化しました

サイトトップ

新年明けましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

個人事業主「アクレイム(acclaim)」として、
フリーランスを営んできましたが、この度、平成27年1月5日をもって

株式会社レリッシャブル

を設立する運びとなりました。

これもひとえに皆様のお引立ての賜物と深く感謝いたしております。

と、固い挨拶になりましたが、
まぁー、フリーランスになって約2年経ったのと、
いつも一緒に仕事している「松田さん」が一緒に会社やろうよ!というのもあり、じゃーやるかーという流れで、

代表はいつも一緒に仕事してる「松田さん」にやってもらい、
私は広報兼、取締役兼、CTO的な肩書きがありますが、
特にいつもとやることが変わらずな感じですが。

だけど、何も知らない私がここまで来られたのも周りに恵まれていて、
色々と励ましてくれたり、学ばせていただいた方々のおかげだと思ってます。

二人目の子供が生まれる時に、土方から軽い感じでこのWEB業界に入り、
いつもチャリンコやらスノボーやって、服も作り出したりして、
それを何も言わず、「やりたいことをやればいい」という嫁さまに感謝。

後はいつも仕事を助けてくれたり、法人化に向けて色々と動いてくれた松田さんに感謝。

メールの書き方から、お客様との接し方から、
設計やら企画やら、全力で教えていただいた方々に感謝。

いつも楽しくさせてくれて、色々とやる気にさせてくれる
地元の友達に感謝。

いつもバイクを置いてある駐車所まで行くと、
気遣ってくれる母親には大感謝。

これからも楽しく、おもしろいことを追求しならが、
色々と学んで精進していければ、嫁さまも私も老後は楽になるのかなー。

法人化したからと言って、あまり思い詰めてもしょうがないので、
いつもと変わらずに会社も次第に大きくしていければと思ってます。

何か私が出来る事があれば、お声かけください。

それでは皆様、引き続きよろしくお願いします :-)

株式会社 レリッシャブル
http://relishable.jp