PythonでBeautiful Soupを試してみる。

PythonでHTMLの解析を行うのによさそうだったので、
試してみることにした。

まず必要なのが、

BeautifulSoup

まずインストール(ってかファイルをPythonが読める場所にBeautifulSoup.pyを置くだけ。)

ここからダウンロードする。
それを今回は「site-packages」の下に置いてみた。
清水川Webを参考にさせてもらったためです。

やってみます。

>>> import urllib2
>>> opener = urllib2.build_opener()
>>> html = opener.open(‘http://kishi-r.com/2008/02/ubuntu_1.html’).read()
>>> print html

HTML内の情報が表示されました。
ここでBeautifulSoupを使って「title」のみを解析してみます。

>>> from BeautifulSoup import BeautifulSoup
>>> soup = BeautifulSoup(html)
>>> soup.find(‘title’,)
<title>kishi-r.com: Ubuntuをインストールしました。</title>

取れたっすね。

他にも「td」を検索してみる。

>>> soup.findAll(‘td’,)
[<td>
</td>, <td>
</td>, <td>
</td>, <td>
</td>, <td>
</td>, <td><span class=”today”>
<a href=”http://kishi-r.com/2008/02/01/”>1</a>
</span></td>, <td><span class=”calendar”>
2</span></td>, <td><span class=”calendar”>
3</span></td>, <td><span class=”calendar”>
4</span></td>, <td><span class=”calendar”>
5</span></td>, <td><span class=”calendar”>
6</span></td>, <td><span class=”calendar”>
7</span></td>, <td><span class=”calendar”>
8</span></td>, <td><span class=”calendar”>
9</span></td>, <td><span class=”calendar”>
10</span></td>, <td><span class=”calendar”>
11</span></td>, <td><span class=”calendar”>
12</span></td>, <td><span class=”calendar”>
13</span></td>, <td><span class=”calendar”>
14</span></td>, <td><span class=”calendar”>
15</span></td>, <td><span class=”calendar”>
16</span></td>, <td><span class=”calendar”>
17</span></td>, <td><span class=”calendar”>
18</span></td>, <td><span class=”calendar”>
19</span></td>, <td><span class=”calendar”>
20</span></td>, <td><span class=”calendar”>
21</span></td>, <td><span class=”calendar”>
22</span></td>, <td><span class=”calendar”>
23</span></td>, <td><span class=”calendar”>
24</span></td>, <td><span class=”calendar”>
25</span></td>, <td><span class=”calendar”>
26</span></td>, <td><span class=”calendar”>
27</span></td>, <td><span class=”calendar”>
28</span></td>, <td><span class=”calendar”>
29</span></td>, <td>
</td>]

で取れました。

このBeautifulSoupを使った記事でおもしろそうだったのが、
Googleニュースで指定した単語を検索して、ヒット数を返すサンプルなどがありました。
とりあえず試してみようっと。

投稿者:

kishir

趣味: sk8, ピスト、ターンテーブル、レコード 仕事: Python, Objective-C, PHP, JavaScript