Mac設定

= Mac設定 =

[[PageOutline]]

* Leopardインストールのため多少修正

* ターミナル設定

|| ウィンドウ || 179×42 ||
|| フォント || Monaco 12 pt. ||
|| テーマ || Pro ||

* ssh接続維持設定

/HOME/.ssh/以下にconfigファイルを作成する。

{{{
$ cd /HOME/.ssh
$ touch config
$ vim config
}}}

にて下記を記述する。

{{{
ServerAliveInterval 60
}}}

* Firefox

|| lazycat || ||
|| Firebug || ||
|| WebDeveloper || http://www.infoaxia.com/tools/webdeveloper/ ||
|| Live Http Headers || http://livehttpheaders.mozdev.org/installation.html ||

* パスの追加など「.bashrc」の追加
※Leopardだと/etc/profileに書き込み権限が無かったため、[[BR]]
 自分のホームディレクトリに「.bashrc」を追加して編集した。
{{{
$ cd
$ vim .bashrc
}}}

にて

{{{
if [ -f ~/.django_bash_completion ]; then
. ~/.django_bash_completion
fi

PATH=”/usr/local/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/opt/local/libexec:/opt/local/lib/mysql5/bin:$PATH”
export PATH

LDFLAGS=”-L/opt/local/lib ${LDFLAGS}”
export LDFLAGS

CPPFLAGS=”-I/opt/local/include ${CPPFLAGS}”
export CPPFLAGS

export LANG=’en_US.UTF-8′
export DISPLAY=:0.0

export EDITOR=’vim’
export LSCOLORS=gxfxbxcxbxdgdchbhghbhc
}}}

と記述し保存する。

== MacPortsインストール ==

* ※Xcode Toolsインストール済み前提

wiki : http://macwiki.sourceforge.jp/wiki/index.php/MacPorts

install :

{{{
$ cd /usr/
$ sudo mkdir local
$ cd local
$ sudo mkdir src
$ sudo chown ユーザー名:ユーザー名 src
$ cd ~/Desktop
$ mv MacPorts-1.5.0 /usr/local/src/
$ cd MacPorts-1.5.0/
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
$ cd /usr/local/src
$ mkdir localports
$ cd ./localports
}}}

次に

{{{
$ cd /usr/local/src/localports
$ portindex
}}}

これで PrivatePortfile を使う下準備が完了。

*

MacPortsのアップデートをしてみる。

{{{
$ sudo port -d selfupdate
}}}

-d はデバックモード。

== 野良Ports ==

{{{
$ svn co /usr/local/src/localports
$ sudo vim /opt/local/etc/macports/sources.conf
}}}

にて

{{{
file:///usr/local/src/localports/
}}}

を追加する。
下記のようになる。

{{{
file:///usr/local/src/localports/
rsync://rsync.macports.org/release/ports/
}}}

※記述を逆にすると野良Portsの方を見に行かず、
既存のMacportsを見てしまうので注意!!!

{{{
$ cd /usr/local/src/localports/
$ portindex
}}}

== mecabインストール ==
{{{
$ sudo port install mecab +utf8
}}}

== mecab-ipadic-utf8インストール ==
{{{
$ sudo port install mecab-ipadic-utf8
}}}

インストールが完了すると

{{{
To enable dictionary, rewrite /opt/local/etc/mecabrc
as “dicrc = /opt/local/lib/mecab/dic/ipadic-utf8”

You can also specify dictionary in the following way:
/opt/local/bin/mecab -d /opt/local/lib/mecab/dic/ipadic-utf8
}}}

って言われているので、

{{{
$ sudo vim /opt/local/etc/mecabrc
dicdir = /opt/local/lib/mecab/dic/ipadic-utf8
}}}

に変更する

== sennaインストール ==

* http://sourceforge.jp/projects/senna/files/

{{{
$ sudo vim /usr/local/src/localports/textproc/senna/Portfile
}}}

で上記URLに記載されているmd5と違う場合は上記URL内のmd5に合わせて変更する。[[BR]]
それからインストールことになる。

まずは、port searchにてsennaがあるか確認する。

{{{
$ sudo port search senna
No match for senna found
}}}

無いらしいので、

下記URLからSennaのPrivatePortfileをダウンロードしてくる。

ダウンロードしたファイルを適当なディレクトリで解凍する。

解凍すると、textprocというディレクトリがあるはずなので、
その中にあるsennaディレクトリをlocalportsディレクトリ以下へ移動する必要がある。

{{{
$ sudo mv ./senna /localportsパス/textproc
}}}

ついでにMySQLのPrivatePortfileも同じように対応しておく
こいつはdatabasesディレクトリになる。

{{{
$ sudo mv ./mysql5 /usr/local/src/localports/databases
}}}

でpotrindex

{{{
$ sudo portindex
Creating software index in /opt/local/src/localports
Adding port databases/mysql5
Adding port textproc/senna
Adding port toy/sl

Total number of ports parsed: 3
Ports successfully parsed: 3
Ports failed: 0
}}}

ちゃんとsennaとmysql5が認識されたので確認してみる。

{{{
$ sudo port search senna
senna @1.0.8 (textproc, japanese)
Senna: An Embeddable Fulltext Search Engine
$ sudo port search mysql5
mysql5 @5.0.45 (databases)
Multithreaded SQL database server

mysql5 @5.0.67 (databases)
Multithreaded SQL database server

mysql5-devel @5.1.30 (databases)
Multithreaded SQL database server
}}}

インストールしてみる。

{{{
$ sudo port install senna
—> Fetching senna
—> Attempting to fetch senna-1.0.8.tar.gz from http://osdn.dl.sourceforge.jp/senna/26563/
—> Verifying checksum(s) for senna
Error: Checksum (md5) mismatch for senna-1.0.8.tar.gz
Error: Target org.macports.checksum returned: Unable to verify file checksums
Error: Status 1 encountered during processing.
}}}

やはりmd5が間違えているらしいので、修正する。

今回は1.0.8なので、

※「MD5サム: e1cd64dc72b8ec977e9507443e1e0087」の部分

を参照。違うバージョンの場合はそれぞれのMD5サムを参照。

{{{
$ cd /localportsのバス/textproc/senna
$ sudo vim Portfile
}}}

で、

{{{
#checksums md5 3a6b93afa22a7147c03724d569e97c4e ← この部分を下記へ修正
checksums md5 e1cd64dc72b8ec977e9507443e1e0087
}}}

修正したらインストール

{{{
$ sudo port install senna
Portfile changed since last build; discarding previous state.
—> Fetching senna
—> Verifying checksum(s) for senna
—> Extracting senna
—> Applying patches to senna
—> Configuring senna
—> Building senna
—> Staging senna into destroot
—> Installing senna @1.0.8_0
—> Activating senna @1.0.8_0
—> Cleaning senna
}}}

== MySQLインストール ==
{{{
$ sudo port install mysql5 +utf8 +senna +innodb
$ sudo port install py25-mysql
$ cd /opt/local/var
$ sudo mkdir db
$ sudo mkdir run
$ cd /opt/local/bin
$ mysql_install_db5
$ sudo echo
$ sudo mysqld_safe –user=root &
}}}

※最初インストールしたときにエラーログ[[BR]]
/opt/local/var/db/にある[[BR]]
にエラーが出ていた(port 3306を使ってるよって!)のでMacを再起動した[[BR]]

== pythonインストール ==

{{{
$ sudo port install python25
}}}

* pythonシンボリック設定

{{{
$ cd /opt/local/bin
$ sudo ln -s python2.5 python
}}}

複数バージョンの場合は、ソースからインストール

{{{
$ sudo make altinstall
}}}

でインストールして、シンボリックリンクにて設定してやれば良い

== readlineインストール ==

{{{
$ sudo port install py25-readline
}}}

== zlibインストール ==

{{{
$ sudo port install py25-zlib
}}}

== setuptoolsインストール ==

{{{
$ sudo port install py25-setuptools
}}}

* optionを調べる

{{{
$ port variants パッケージ名
}}}

== iPythonインストール ==
{{{
$ sudo port install py25-ipython
}}}

== docutilsインストール ==
{{{
$ sudo easy_install-2.5 -U -Z docutils
}}}

== PILインストール ==

まず下記をインストールしておく

{{{
$ sudo port install freetype
$ sudo port install libpng
$ sudo port install jpeg
$ sudo port install libxml2
$ sudo port install libxslt
}}}
http://www.pythonware.com/products/pil/index.htm

{{{
$ mv Imaging-1.1.6.tar.gz /usr/local/src
$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf ./Imaging-1.1.6.tar.gz
$ cd Imaging-1.1.6
$ sudo python2.5 setup.py build
$ sudo python2.5 setup.py install
}}}

== TracPygmentsインストール ==
{{{
$ sudo easy_install-2.5 -U -Z TracPygments
}}}

== MySQL_Pythonインストール ==

※MySQL-Python1.2.2をインストールした時に[[BR]]
エラーが出てインストール出来なかったので、下記を参照。

*

本来であれば下記のコマンドで良いが、

{{{
$ sudo port install py25-mysql
}}}

エラーのため暫定的にeasy_installで対処した。[[BR]]
まず/usr/local/srcにMySQL_Python-1.2.2をダウンロードしてきた。[[BR]]
その後に解凍してから下記のコマンドを実行。

{{{
$ cd /usr/local/src/MySQL_Python-1.2.2
$ sudo easy_install-2.5 -U -Z ./MySQL_Python-1.2.2
}}}

確認はipythonなどで

{{{
[1] : import MySQLdb
}}}

これでエラーにならなければOK。

※パッチを当てる方法

パッチファイルを持ってくるのと、mysqlpythonのファイルをダウンロードしてくる。

{{{
$ cd /usr/local/src
$ cp /opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports/python/py25-mysql/files/* ./
$ curl -O http://osdn.dl.sourceforge.net/sourceforge/mysql-python/MySQL-python-1.2.2.tar.gz
$ tar zxf ./MySQL-python-1.2.2.tar.gz
$ cd MySQL-python-1.2.2
}}}

パッチを当てる

{{{
$ patch -p0 < ../patch-_mysql.c.diff $ patch -p0 < ../patch-setup_posix.py.diff }}} でインストール {{{ $ cd ../ $ sudo easy_install -UZ ./MySQL-python-1.2.2 }}} == easy_installのアンインストール == * http://peak.telecommunity.com/DevCenter/EasyInstall#uninstalling-packages {{{ $sudo/usr/bin/easy_install intall -m パッケージ名 }}} == Subversionインストール == {{{ $ sudo port install subversion +bash_comletion +no_bdb }}} == Django-svn co(チェックアウト) == {{{ svn co ./Django-svn }}} * Django-svnシンボリックを設定する {{{ sudo ln -s /usr/local/src/Django-svn/django /opt/local/lib/python2.5/site-packages/django }}} * django-admin.pyシンボリックを設定する {{{ # cd /usr/local # sudo mkdir bin # cd bin # sudo ln -s /usr/local/src/Django-svn/django/bin/django-admin.py ./django-admin.py }}} == vimインストール == ※Leopardのvimはバージョン7だったので、インストールはしなかった。 {{{ $ sudo port clean vim $ sudo port clean p7zip $ sudo port uninstall cmigemo $ sudo port install cmigemo +utf8 }}} * 7zaをダウンロードする {{{ $ cd ~/Desktop/ $ sudo mv 7za /opt/local/bin/ $ sudo port install vim +cocoa +cscope +huge +kaoriya +python +ruby }}} 上記は、Tigerの時Leopardは下記で実行 {{{ $ sudo port install vim +cocoa +cscope +huge +kaoriya +python }}} * ローカルと最新版を比較するのに調べる {{{ $ port outdated }}} 一応portでインストールした結果が下記 {{{ $ sudo port installed }}} にて確認。 {{{ sudo port installed The following ports are currently installed: apr @1.2.11_0+darwin_9 (active) apr-util @1.2.10_0+no_bdb (active) expat @2.0.1_0 (active) freetype @2.3.5_0 (active) gawk @3.1.5_2 (active) gettext @0.17_1 (active) jpeg @6b_2 (active) libiconv @1.12_0 (active) libpng @1.2.23_0 (active) libxml2 @2.6.30_0 (active) mecab @0.96_0+utf8 (active) mecab-ipadic-utf8 @2.7.0-20070801_0 (active) mysql5 @5.0.51_1+innodb+senna+utf8 (active) ncurses @5.6_0 (active) ncursesw @5.6_0 (active) neon @0.26.4_0 (active) netcdf @3.6.2_0 (active) openssl @0.9.8g_0 (active) py25-hashlib @2.5.1_0 (active) py25-mysql @1.2.2_0 (active) py25-readline @2.5.1_0 (active) py25-setuptools @0.6c7_2 (active) py25-zlib @2.5.1_0 (active) python25 @2.5.1_1+darwin_9 (active) readline @5.2.007_0+darwin_9 (active) senna @1.0.9_0 (active) sqlite3 @3.5.2_0 (active) subversion @1.4.5_0+no_bdb (active) zlib @1.2.3_1 (active) }}} ちゃんとmysqlには+innodb+senna+utf8がオプションで付いているのが確認出来る。 {{{ #!html

ここから下記はアンインストールした時のメモ

}}}

== pythonアンインストール ==

{{{
sudo port uninstall python25
—> Unable to uninstall python25 2.5.1_3+darwin_9, the following ports depend on it:
—> py25-readline
—> py25-zlib
—> py25-hashlib
—> py25-mysql
—> py25-numeric
—> py25-ipython
Error: port uninstall failed: Please uninstall the ports that depend on python25 first.
}}}

怒られた。。。[[BR]]
はじめに依存するものをアンインストールしろとさ。[[BR]]
なので、[[BR]]
順番にアンインストールしていく。[[BR]]

{{{
sudo port uninstall py25-ipython
—> Deactivating py25-ipython 0.8.1_2+scientific
—> Uninstalling py25-ipython 0.8.1_2+scientific
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-readline
—> Deactivating py25-readline 2.5.1_0
—> Uninstalling py25-readline 2.5.1_0
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-mysql
—> Deactivating py25-mysql 1.2.2_0
—> Uninstalling py25-mysql 1.2.2_0
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-setuptools
—> Deactivating py25-setuptools 0.6c7_1
—> Uninstalling py25-setuptools 0.6c7_1
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-zlib
—> Deactivating py25-zlib 2.5.1_0
—> Uninstalling py25-zlib 2.5.1_0
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-hashlib
—> Deactivating py25-hashlib 2.5.1_0
—> Uninstalling py25-hashlib 2.5.1_0
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-scientific
—> Deactivating py25-scientific 2.6_0+macosx
—> Uninstalling py25-scientific 2.6_0+macosx
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall py25-numeric
—> Deactivating py25-numeric 24.2_1+macosx
—> Uninstalling py25-numeric 24.2_1+macosx
}}}

次に

{{{
sudo port uninstall python25
—> Deactivating python25 2.5.1_3+darwin_9
—> Uninstalling python25 2.5.1_3+darwin_9
}}}

でアンインストールが完了。[[BR]]
結構依存しているのでこの順番の通りになってしまった。

== mysql5 アンインストール ==

{{{
sudo port uninstall mysql5
—> Deactivating mysql5 5.0.45_3
—> Uninstalling mysql5 5.0.45_3
}}}

== senna アンインストール ==

{{{
sudo port uninstall senna
—> Deactivating senna 1.0.9_0
—> Uninstalling senna 1.0.9_0
}}}

== mecab-ipadic-utf8アンインストール ==

{{{
sudo port uninstall mecab-ipadic-utf8
—> Deactivating mecab-ipadic-utf8 2.7.0-20070610_0
—> Uninstalling mecab-ipadic-utf8 2.7.0-20070610_0
}}}

== mecab アンインストール ==

{{{
sudo port uninstall mecab
—> Deactivating mecab 0.96_0+utf8
—> Uninstalling mecab 0.96_0+utf8
}}}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です