Amazonアフェリエイトリンクを簡単に作成するツール

「アマゾンランクレット」ってのがあるんですが、こいつはAmazonのアフリエイトを
ランキング形式で貼り付けられる優れもの♪

使った印象は結構良いです。

簡単だし、ジャンルも自分で選択出来るので良いんではないかな~。

AmazonのアソシエイトIDを持っていれば、入力可能。

カテゴリは毎週、アイテムリストは毎時間自動更新。

表示件数も指定可能。

他に「amazlet」 も便利です。
いとう なおやさんの作成したものですね。

こちらは個別のリンクを作成が可能。
1. 紹介したい商品のページからワンクリックでリンク作成 (以前にもあった機能)
2. amazlet 上で検索した結果からお手軽にリンク作成

以前は画像とテキストリンクのみだったが、情報多めもあり。

アソシエイトIDも入力可能。

興味がある方は是非。

自分でもこういうのを作ってみたくてイロイロと調べてます。
書いてる本人には結構ムズカシイ・・・。
やっぱ自分好みのスタイルみたいなのがあると思うので、
まぁ~勉強がてらに自分用のが出来るまでは、絶対完成させるぞ~!!!

アマゾンランクレット
http://ranklet.come.cc/

amazlet
http://www.amazlet.com/assoc/tuna-22

Movable Typeに移行

ども

今まで、さくらのブログを使ってたんですが、
さくらに質問したところ「Googleのサイトマップは使えません。
使うようでしたら、MOVABLETYPEなどに移行して下さい。」
との事なので、サイト登録もされない状況だし、
まだ始めたばっかりなのでがっつりと移行しました。

で、

なんならドメインも取るかぁ~!!!と勢いで取ってしまいました。
「kishi-r.com」
ちなみに本当は「kishi.com」にしようとしたら、
駄目だったので、まぁ~妥協してもいっか~。
と思い早速さくらに申請。

すんなりとドメインも取れたし、MOVABLETYPEもインストール
出来たしってことで、デザインもちょこちょこ変えつつ完了。

まぁ~すぐにまた変えたくなるよね。最初は・・・。

「Movable Type」に関して色々教えてもらった「Mさん×2人」ありがとう♪

って事でこれからもよろしくお願いします。

Movable Typeでエントリーにコードを貼り付ける

本文にHTMLのタグを貼り付けたいと思ったら、
あるんですね便利なプラグインが♪

EntityRefButtonプラグインというプラグインなんですが、
なんとボタン一発でOK。

なんて便利なんだろ~ぅ!

ちなみにMovableType3.3以上が必要らしいので、
そこらへんは気をつけないとね。

インストールの仕方、ダウンロードは
iDEA*iDEA
http://www.ideaxidea.com/archives/2006/12/mtentityrefbutton.html
エムロジック放課後プロジェクト
http://labs.m-logic.jp/2006/12/movabletypeentityrefbutton_v00.html

を参考にしました。

Movable Typeのカテゴリをツリー化してみる

カテゴリの表示をツリー化したらカッコイイかもと思って、
やっちゃった♪

すんげぇ~簡単にいきました。

カテゴリーを変更するので、メイン・メニューから移動
(メイン・メニュー > サイト名 > テンプレート > メインページ)
のカテゴリー部分ですね。

Categories(カテゴリーリスト:サブカテゴリー表示)

<MTSubCategories>
<MTSubCatIsFirst><ul class="tree"></MTSubCatIsFirst>
<MTIfNonZero tag="MTCategoryCount">
<li class="tree<MTSubCatIsLast>_end</MTSubCatIsLast>">
<a href="<$MTCategoryArchiveLink$>" title="
<$MTCategoryDescription$>"><MTCategoryLabel></a> 
[<$MTCategoryCount$>]
<MTElse>
<li class="tree<MTSubCatIsLast>_end</MTSubCatIsLast>">
<MTCategoryLabel>
</MTElse>
</MTIfNonZero>
<MTSubCatsRecurse max_depth="3">
</li>
<MTSubCatIsLast></ul></MTSubCatIsLast>
</MTSubCategories>

上記に変更。

でCSS追加。
ツリーの画像のパスは、自分の画像のパスに変更。

ul.tree {
margin: 0!important;
padding: 0!important;
font-size: 9px;
list-style: none!important;
}
ul.tree ul {
margin: 0!important;
padding: 0!important;
}
ul.tree li {
margin: 0!important;
padding: 0 0 0 16px!important;
background-image: url(tree_lst.gif);
background-repeat: no-repeat!important;
list-style: none!important;
}
ul.tree li.tree_end {
background-image: url(tree_end.gif);
list-style: none;
}

その後はツリー画像のダウンロード

小粋空間さんのサイトに

○実線:tree_lst_solid.gif / tree_end_solid.gif
○点線:tree_lst_dotted.gif / tree_end_dotted.gif

という箇所があるので、そこからダウンロード可能です。

小粋空間URL
http://www.koikikukan.com/archives/cat_51.php

ダウンロードしたら、CSSで指定した画像のパスの場所にアップ。

これで完了。
すんごい簡単だったんで、是非試してみてください。
いや~小粋空間さんのサイトはすんごい参考になりました。
これからも要チェックですな!!

参考URL(小粋空間)
http://www.koikikukan.com/archives/cat_51.php