pythonを勉強中 vol.6

オブジェクトの集合のリスト

これもかなり頻繁に使うものだなぁ〜。

Pythonの基礎からで無く、

いきなりDjangoをやっているから

細かい事が解っていないと思うので

これも勉強しておく事にする。

リストとは

オブジェクトを一定の順序で並べたもの

と「初めてのPython」にも書かれている。

つまり左から右へ一定の順序で並べられたオブジェクトの集合。

二次元配列(リストのネスト)も作れる。

例えば通常リストを書くと下記のようになる。

>>> x = [1,2,3]

二次元配列で書く場合は下記になる。

>>> y = [[1,2,3],[4,5,6],[7,8,9]]

ふむふむ。

長さも確認してみる。

>>> len(x)
3

>>> len(y)
3

連結もしてみる。

>>> z = x + y
>>> z
[1, 2, 3, [1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]

今度はインデックス指定

>>> z[0]
1
>>> z[4]
[4, 5, 6]

スライシングで変更してみる。

>>> z[0:4]=’hoge’
>>> z
[‘h’, ‘o’, ‘g’, ‘e’, [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
>>> z[0:4]=[‘hoge’,’hige’]
>>> z
[‘hoge’, ‘hige’, ‘hoge’, [7, 8, 9]]

次はソートしてみる。

>>> z.sort()
>>> z
[[7, 8, 9], ‘hige’, ‘hoge’, ‘hoge’]

リストに1つだけオブジェクトを追加する。

>>> z.append(‘more’)
>>> z
[[7, 8, 9], ‘hige’, ‘hoge’, ‘hoge’, ‘more’]

末尾に要素を削除する。

>>> z.pop()
‘more’
>>> z.pop()
‘hoge’

末尾に要素を追加する。

>>> z.extend([1,2,3])
>>> z
[[7, 8, 9], ‘hige’, ‘hoge’, 1, 2, 3]

要素の順書を逆転させる。

>>> z.reverse()
>>> z
[3, 2, 1, ‘hoge’, ‘hige’, [7, 8, 9]]

特定の要素の削除

>>> del z[0]
>>> z
[2, 1, ‘hoge’, ‘hige’, [7, 8, 9]]

こう実際に試しているとPythonっていいなぁ〜って

思えてくる。

組み込みの関数がデフォルト充実しているなぁ〜。

今度はDjangoでは無く、

Pythonでテンプレートエンジンを使って、

何か軽く作ってみたいな。

初めてのPython 第2版
オライリージャパン(2004-11)

  • (著)マーク ルッツ
  • (著)デイビッド アスカー
  • (原著)Mark Lutz
  • (原著)David Ascher
  • (翻訳)夏目 大

オライリージャパン
新品価格:¥ 5,040
中古価格:¥ 4,100
ASIN:4873112109

投稿者:

kishir

趣味: sk8, ピスト、ターンテーブル、レコード 仕事: Python, Objective-C, PHP, JavaScript